勃起不全になる原因とは

勃起不全は男性であれば誰でもなってしまう可能性のある病気です。その勃起不全の原因とは一体どのようなものがあるのでしょうか?このサイトでご紹介していきたいと思います。勃起不全に悩んでいる人にはぜひ見ていただきたいです。

勃起障害の改善に開発されたバイエルの薬の成分

勃起障害は精神的なものと肉体的な問題によって起こり、性行為に有効な勃起が得られず、満足な性交ができない状態のことを指し、例えば勃起が途中で萎えてしまったり、勃起するまでに時間がかかるといった状態を言います。ドイツに本社を置くバイエルは、男性の大きな悩みとなる勃起障害を改善するため、バルデナフィルを有効成分としたレビトラを開発しました。バイエルは非ステロイド性抗炎症薬の代名詞ともされるアスピリンを販売している会社で、日本にもバイエル薬品などを置く安定した会社と言えます。レビトラはED治療薬の御三家とされるひとつで、その成分であるバルデナフィルは白色からやや黄色がかった結晶性の粉末で、エタノールや水に溶けやすい性質を持っています。水に溶けやすい性質は、他のED治療薬にはない独特のもので、服用すると1時間もかからず効果が現れるなど、即効性に優れたものとなっています。そのため、前もって服用しておく必要がなく、いざ性行為に至るという直前に飲むことで効果を発揮します。また、その他のED治療薬に比べて粒が小さい錠剤という特徴があり、喉につかえずに飲みやすいというメリットから、勃起障害に悩む男性のほとんどが使用する人気があります。成分であるバルデナフィルはPDE5阻害薬に分類され、勃起に必要な物質であるcGMPを分解する酵素であるPDE5を阻害することで、性器が萎えるのを阻止して勃起の持続時間を維持します。ただし、使用後は性的な刺激や興奮が加わらないと勃起できず、催淫剤や興奮剤といった効果がないことは理解しておきましょう。副効用として早漏にもわずかに効果があると言われており、早漏に悩む男性が最も好むED治療薬とされています。